Read Article

突然死を防げ!血管若返り方法とスーパー食材とは?

サタデープラス12月12日
『冬の突然死を防げ!あなたと家族を守る知恵をプラス!』

ということで、突然死を引き起こす原因となる
超悪玉コレステロール新常識
血管の若返り方法やスーパー食材が紹介されました!

Sponsored links


突然死は、血管の劣化による心臓が原因の
ものだけでも年間6万5千人!
なんと、一日約80人もの人が命を落としているのです!

特に冬に急増するということ。
ぜひ、詳しく知って予防したいですね。


年末年始に潜む突然死のリスクとは?


解説をいただくのは、「血管年齢」という指標を
生み出した血管の世界的権威

東京医科大学病院 検診予防医学センター長
高沢 謙二先生です。


血管は、血液を全身に送り届けるために
緩んだりしまったりしています。
特にキュっとしまった時が危険といいます。


まず、年末年始に潜む血管のリスクをチェック。

  • ①年末は家族の帰りが遅い

    寝不足状態の場合は、一日中血圧が高い状態にあるため
    血管が細くなってしまい危険です。

  • ②大掃除は完璧にして新年を迎えたい

    完璧主義でせっかちな人は、常にリラックスせず
    緊張状態が続くために、一年中血管がしまってしまう傾向に!

  • ③夜トイレが寒い

    布団から急にでてトイレが寒く感じると
    急激な温度変化が起きるため血管が縮まることに。
    最悪の場合突然死の可能性も!

    check-s151予防方法は、布団の中でつま先を伸ばしたり縮めたりするなど
    の動きを10回くらいし、血流を良くします。

    全身の血流を良くしてから、ゆっくりと
    起き上がることで、予防しましょう。


  • ④ついつい食べすぎちゃうけど、
     コレステロールは極力控えている


    コレステロールの新常識は、ここ2、3年で大きく変わっています。
    新常識を知ることで、対策しましょう。

    このあと詳しく!


コレステロールの新常識とは?


超悪玉コレステロールです。
出典:サタデープラス

コレステロールの新常識は、ここ2,3年で
大きく変わってきているそうです。


正確な情報を把握することが血管の若返りや
突然死を予防することにつながりますね。


最近の研究では、悪玉コレステロールよりも悪い
超悪玉コレステロールが、血管老化の真犯人とわかってきたのです!

超悪玉コレステロールとは、
体内にある悪玉コレステロールと活性酸素が結びつき
生まれてしまうものなんです。

超悪玉コレステロールが血管にへばりつきます。 超悪玉コレステロールはプラークになります。
超悪玉コレステロールは、血管の内膜という壁にへばりつき、
ついには内膜の隙間から入りこみ、プラーク
作ってしまうんです。


このプラークが、何かの衝撃ではがれて血流にのると
心筋梗塞や、脳梗塞を引き起こしてしまうのです!

検査でみえるプラークです。 こちらは、番組で血管ドッグを受けられた関根 勤さんの
頚動脈の血管の内部です。

プラークが見えていますね。

今回血管ドッグを受けたのは、
関根 勤さん(62歳)と浅香 唯さん(46歳)

東京国際クリニックでは、最新の血管ドッグ受けられます。

検査では、毛細血管の硬さを調べる検査と
腕と足の血圧を調べ、足の血管のつまり具合を
みます。

関根 勤(62歳)さんの結果では、血管年齢は60代後半で、
超悪玉コレステロールの値は194(基準値70~139)
という結果に!


浅香 唯さん(46歳)の結果は、血管年齢は30代前半
血液検査も異常なしという結果に!

浅香さんは、結婚前には70代の血管という
ショックな診断されたことがあるといいます。


その頃は、夜中は起きていて明け方から眠るとか、
食事も不規則という生活だったのだとか。


今はそれをガラリを変えた生活に!
夜は眠る、昼間に活動する、3食決まった時間に
野菜中心の食事をするという生活に変えたそうです。


さらに階段の上り下りなどで、家事をしながらできる運動も
しているそうで、先生も『血管年齢の若返りに最適』とお墨付きでした!

Sponsored links




こんな悪玉コレステロールを予防する方法は
あるのでしょうか?


血管を若返らせる方法とスーパー食材は?



point-1

  • 悪玉コレステロールは有酸素運動では減らない

    有酸素運動では、悪玉コレステロールを減らせません。
    血管若返りのために、運動する必要はなくて
    むしろ身体活動を活発にすることなどが有効です。

    炊事や洗濯、掃除などの家事労働などが非常に良いとのこと。


  • ゆっくり噛んで食べることで食べすぎを防ぐ

    悪玉コレステロール予防は、食べすぎを防ぐことが大切です。
    早食いすると満腹中枢が満腹を感じるまえに
    たくさん食べてしまうことになり、食べ過ぎてしまいます。

    食べ過ぎると、肝臓が悪玉コレステロールを
    大量に作ることが、わかっています。

    ゆっくり噛んで食べ、摂取カロリーを減らすと
    悪玉コレステロールの発生を減らすことができるのです。
    野菜から先に食べることも、推奨されていました。


さらに、活性酸素を減らしコレステロールの悪玉化を
防ぐスーパーフードとして、たまねぎが紹介されました。


身近にあるたまねぎに、あることをすると
スーパーフードになるのです。

たまねぎの有効成分は、
含硫アミン酸と言われるものなんです。


たまねぎを切って、空気にふれると
チオスルフェネートという成分がでてくるんですね。


この成分は空気に触れないとでてこないので
切ったたまねぎを30分から1時間ほど、そのままにしておきます。


この時間が待てない場合は、レンジで15秒加熱すると
同じ効果があるとのことでした。


たまねぎを切ってしばらく放置するとか
レンジで15秒加熱したあとは、どんな調理方法で
食べても、その働きはかわらないということ。


少しの手間だけで効果が倍増ですね!
そして、たまねぎは酢と一緒に食べることで
さらに、血液サラサラ効果が増すことがわかっています。



我が家では、酢玉ねぎを常備しているんですよ♪
玉ねぎの効能についてはこちらに詳しく!
check-s131酢玉ねぎの作り方!黒酢とみりんで血液サラサラに!


さらにコレステロールを超悪玉化する
活性酸素が増える原因にも注意が必要なんです。


活性酸素が増える原因


活性酸素をふやす原因は、こんなにもあったのです。

  • タバコ

    自分では吸わなくても、受動喫煙でも害があるので
    注意が必要です。


  • 過度のアルコールの摂取

  • 紫外線

  • ストレス

  • 食品添加物の摂取

  • 排気ガス

  • 酸化した油

    油の使いまわしや、フライなど油を使った料理を
    何度もあたためなおすと酸化が進みます。

    また、古くなったバターやマヨネーズも
    酸化が進んでいるので、注意が必要です。

    油を使った料理は、作ったその場から酸化がはじめるので
    作りたてを食べることが大切。



身体に取り入れた酸素の約2%くらいが
活性酸素になるといいます。


身体に悪いという印象ですが、侵入した細菌を
その殺菌力で駆除してくれる働きも!!


ですが、活性酸素が大量になった場合は
がんやその他の生活習慣病、老化など
身体中のあらゆる細胞に、ダメージを与えてしまうのです!


食べすぎを防ぐほかにも、酸化した食品を食べないこと
や玉ねぎなど抗酸化成分を多く含む、野菜類をたくさん
食べるなどで、活性酸素の発生を防ぐことが大切ですね。


まとめ


血管の老化を防ぎ、突然死を防ぐ方法や
スーパーフードをご紹介しました。


冬の突然死を招くのは、血管の老化や劣化
その老化や劣化の原因となるのは、活性酸素でした。


なので、活性酸素を大量に作らせない、
さらに、取り入れない生活習慣が、必要ということですね!

お読みいただきありがとうございました。

Sponsored links

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top