Read Article

突然死を防げ!血管若返り方法とスーパー食材とは?

サタデープラス12月12日
『冬の突然死を防げ!あなたと家族を守る知恵をプラス!』

ということで、突然死を引き起こす原因となる
超悪玉コレステロール新常識
血管の若返り方法やスーパー食材が紹介されました!

スポンサーリンク




では、悪玉コレステロールを予防する方法は
あるのでしょうか?


血管を若返らせる方法とスーパー食材は?



point-1

  • 悪玉コレステロールは有酸素運動では減らない

    有酸素運動では、悪玉コレステロールを減らせません。
    血管若返りのために、運動する必要はなくて
    むしろ身体活動を活発にすることなどが有効です。

    炊事や洗濯、掃除などの家事労働などが非常に良いとのこと。


  • ゆっくり噛んで食べることで食べすぎを防ぐ

    悪玉コレステロール予防は、食べすぎを防ぐことが大切です。
    早食いすると満腹中枢が満腹を感じるまえに
    たくさん食べてしまうことになり、食べ過ぎてしまいます。

    食べ過ぎると、肝臓が悪玉コレステロールを
    大量に作ることが、わかっています。

    ゆっくり噛んで食べ、摂取カロリーを減らすと
    悪玉コレステロールの発生を減らすことができるのです。
    野菜から先に食べることも、推奨されていました。


さらに、活性酸素を減らしコレステロールの悪玉化を
防ぐスーパーフードとして、たまねぎが紹介されました。


身近にあるたまねぎに、あることをすると
スーパーフードになるのです。

たまねぎの有効成分は、
含硫アミン酸と言われるものなんです。


たまねぎを切って、空気にふれると
チオスルフェネートという成分がでてくるんですね。


この成分は空気に触れないとでてこないので
切ったたまねぎを30分から1時間ほど、そのままにしておきます。


この時間が待てない場合は、レンジで15秒加熱すると
同じ効果があるとのことでした。


たまねぎを切ってしばらく放置するとか
レンジで15秒加熱したあとは、どんな調理方法で
食べても、その働きはかわらないということ。


少しの手間だけで効果が倍増ですね!
そして、たまねぎは酢と一緒に食べることで
さらに、血液サラサラ効果が増すことがわかっています。



我が家では、酢玉ねぎを常備しているんですよ♪
玉ねぎの効能についてはこちらに詳しく!
酢玉ねぎの作り方!黒酢とみりんで血液サラサラに!


さらにコレステロールを超悪玉化する
活性酸素が増える原因にも注意が必要なんです。


活性酸素が増える原因


活性酸素をふやす原因は、こんなにもあったのです。

  • タバコ

    自分では吸わなくても、受動喫煙でも害があるので
    注意が必要です。


  • 過度のアルコールの摂取

  • 紫外線

  • ストレス

  • 食品添加物の摂取

  • 排気ガス

  • 酸化した油

    油の使いまわしや、フライなど油を使った料理を
    何度もあたためなおすと酸化が進みます。

    また、古くなったバターやマヨネーズも
    酸化が進んでいるので、注意が必要です。

    油を使った料理は、作ったその場から酸化がはじめるので
    作りたてを食べることが大切。



身体に取り入れた酸素の約2%くらいが
活性酸素になるといいます。


身体に悪いという印象ですが、侵入した細菌を
その殺菌力で駆除してくれる働きも!!


ですが、活性酸素が大量になった場合は
がんやその他の生活習慣病、老化など
身体中のあらゆる細胞に、ダメージを与えてしまうのです!


食べすぎを防ぐほかにも、酸化した食品を食べないことや
玉ねぎなど抗酸化成分を多く含む、野菜類をたくさん
食べるなどで、活性酸素の発生を防ぐことが大切ですね。


まとめ


血管の老化を防ぎ、突然死を防ぐ方法や
スーパーフードをご紹介しました。


冬の突然死を招くのは、血管の老化や劣化
その老化や劣化の原因となるのは、活性酸素でした。


なので、活性酸素を大量に作らせない、
さらに、取り入れない生活習慣が、必要ということですね!

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top