Read Article

酢しょうがの作り方!簡単血管若返り&ダイエットも!

1月30日のサタデープラスでは
冬の老化を防ぐ最強調味料として
酢しょうがの作り方が紹介されました!

年末年始だけで、
平均2㎏も体重が増加するという今の季節。

何もしないままだと、
ひと冬で5歳も老化するという可能性もあるのです!

Sponsored links




なぜ冬に老化するのかというと、
冬場は寒さから、どうしても外出が減ったり
運動不足になりがち( ,_, )

すると体が硬くなり、筋肉が老化!
血管年齢も高くなり脳までも老ける可能性
あるという訳なんですね。


それにしても、ひと冬に5歳も老化する
のはなんとしても、防ぎたいもの!!


そんな冬の老化対策には、酢しょうががぴったり。
しかも簡単につくれて、効果も抜群!


番組MCの小堺一機さんや、中性脂肪や
血糖値が気になる主婦3人の方が
10日間実践した様子も紹介されました。


では、簡単にできて効果抜群の
酢しょうがの作り方のご紹介です♪



酢しょうがの作り方!



酢しょうがを紹介してくださるのは
イシハラクリニック副院長 石原新菜先生。

親子二代に渡りしょうがを研究、著書も多数という
しょうがのプロフェッショナルですね!
酢しょうがの効果や効能は、あとで詳しく♪


まずは、簡単酢しょうがの作り方をご紹介します!

材料です。 酢しょうがの作り方です。

  • しょうが・・・・100g
  • 黒  酢・・・・100cc
  • はちみつ・・・・20g


作り方です。

  • まず100gのしょうがを、みじん切りにします。
    しょうがをみじん切りにします。
  • みじん切りにしたしょうがを、保存びんの中にいれて
    黒酢100ccを加えます。
    みじん切りにしたショウガを保存びんにいれます。
  • 最後に、はちみつ20gを加えて混ぜ合わせ一日漬けおきます。
    最後にはちみつを加えます。
    出典:サタデープラス

    酢しょうがの出来上がりです。
    酢しょうがの出来上がりです。

しょうがは、用途にあわせて輪切りにしたり
みじん切りにするなど、切り方を変えても大丈夫ですね^^


漬け込むお酢も米酢・りんご酢・穀物酢など
お好みのお酢で良いそうです。


ですが、代謝を上げる効果や
ビタミンやミネラルが豊富なことから
黒酢が使われていました。


では、老化防止のためにどれくらいの量を
食べればいいのでしょうか?

Sponsored links



酢しょうがの食べ方や量は?


老化防止に効果抜群の酢しょうがは
一日に食べる量は、スプーン1杯♪

これくらいでいいんです。
酢しょうがの量です。

食べ方は、いつもの食事に加えるだけ。

  • シンプルに、白いご飯にのせて。
  • しょうゆを加えて、野菜サラダのドレッシングに。
  • 豚肉のしょうがやきに。
  • スープや澄まし汁にくわえて。
  • パスタ・うどん・そばなどの麺類にのせて。
  • ハンバーグにのせて。
  • おべんとうのおかずにのせて。
  • チーズケーキにいれて。


いつもの食事にも、手作りのお菓子にもと
幅広く応用ができますね!


酢しょうがを10日間食べた結果は



中性脂肪などが気になる30代から50代の主婦3人も
毎日の食事や、お弁当にくわえたり、
お子さんへの手作りチーズケーキに加えて、10日間実践♪


すると、こんな成果が!!
主婦5人の成果です。
体重・血圧もダウン、中性脂肪は平均68もダウン
するという、すばらしい結果になりました。




そして、小堺さんも、楽屋のお弁当や外食に
酢しょうがをくわえて10日間実践♪

その結果
小堺さんの成果です。
血管年齢は、実年齢よりも-3歳
血圧もダウン、血糖値も大幅にダウンして
一気に、正常値になっています!


まとめ



酢しょうがは簡単に作れて効果は抜群!!
すばらしいものでしたね!


今回は10日間だけでしたが、毎日の習慣にすると
血液サラサラ効果や、中性脂肪や血圧、血糖値を下げる効果
もさらに期待できそうですね!


Sponsored links

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top