Read Article

超簡単!トマトマリネで美肌&代謝アップを!

簡単にできて、栄養満点の酵素レシピ!
今回は、『トマトとねぎのピリ辛マリネ』です。


調味料以外の材料は、2つだけ。
材料2つだけレシピなんですが、
とっても美味しくてパワフルなんです!

美肌や代謝アップが期待できるわけも
詳しく、ご紹介しますね♪

スポンサーリンク



『トマトとねぎのピリ辛マリネ』の栄養や効能


p1
トマトの主な栄養と効能です。


  • リコピン
    リコピンは、カロテノイドの一つです。
    トマトやスイカ、グレープフルーツのピンクなどにも
    含まれています。

    トマトのリコピンは抗酸化力が強く、ビタミンEの100倍もの
    パワーで、活性酸素を消してくれるのです。

    さらに、美容にも効果的で、しみ・しわ・日焼けなどにも
    効果が期待できるというもの。

    リコピンが日焼けの元になる、メラニンの生成を抑えたり
    コラーゲンの産生を促す働きがあるので、しわにも
    期待できるという訳なんです。

  • ミネラル類
    特に多いのは、カリウムです。

    カリウムは、体内では細胞内液に存在していて、
    水分調節や筋肉や神経への作用など、大切な役割を
    分担しています。

    体にとって不可欠な成分ですね。
    体内の水分の浸透圧を、一定に保つよう調整することで
    ナトリウムの排出をうながし、高血圧の予防にも
    効果的とされます。

    そのほかのミネラルには、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム
    リン・鉄・亜鉛・銅・マンガンなどが含まれています。

  • ビタミン類
    特に多いのは、βカロテン(ビタミンA)です。

    βカロテンも、カロテノイドの一種で、強い抗酸化作用が
    あります。

    体内では必要に応じてビタミンAに変わり、働いてくれるというもの。
    粘膜や皮膚の潤いを保ったり、免疫機能を正常する、視力を守るなどの
    働きがあり、体には必要不可欠なものです。

    そのほかには、ビタミンK・B1・B2・B6・C・ナイアシン
    葉酸・パントテン酸とたくさん含まれているんです。


トマトリコピンは、加熱して摂ることで、吸収が増すと
いわれます。

でも、加熱すると植物酵素はなくなってしまうので
必要に応じたメニューで、生でも加熱しても
たくさん食べたいものですね!

p1
長ネギの栄養と効能


  • ビタミン類
    特に多く含まれているのは、葉酸です。
    葉酸は、水溶性ビタミンB群の一種。

    核酸の成分として、細胞の分裂や増殖・成熟に
    欠かせない成分。

    葉酸の欠乏症は、口内炎・悪性貧血
    胃や腸の潰瘍・胎児の発育障害など様々
    な症状が現れます。

    なので、胎児の異常を防ぐために、
    葉酸の摂取を義務付けている国もあるのです。

    がん予防にも有効で、葉酸の欠乏は
    発ガンしやすくなると、いいます。

    その他には、ビタミンA・ビタミンE・ビタミンK
    ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6
    パントテン酸・ビオチン・ビタミンCとたくさん含まれます。

  • ミネラル類

    カリウム・マグネシウム・カルシウム・リン・鉄
    亜鉛・銅・マンガン・モリブデンとたくさん
    含まれています。

  • アミノ酸

    特に多いのは、グルタミン酸とアスパラギン酸です。
    グルタミン酸は、かつお節や昆布にも含まれる
    旨み成分ですね!

    また、アスパラギン酸は、疲労回復効果が有名ですが
    その他にも、お肌をきれいにするとか、旨み成分も
    あるのです。



まとめ


『 トマトとネギのピリ辛マリネ 』
ご紹介してきました。

材料は、調味料を除くと2つだけ
しかも、切ってあえるだけ。

忙しいときにも、すぐにできますね!

メインが、お肉やお魚料理だったら
ぜひ、副菜には切ってあえるだけの
酵素たっぷりレシピにしてみましょう。

ダイエットにも美肌にも、健康にも
効果は抜群なんですよ♪

酵素が、なぜ健康に良いのかについては
次回に、書いてみたいと思います!


お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top