Read Article

親子丼レシピ!簡単なのに絶品!ふわとろに作るコツとは?

『 親子丼 』はふわとろに作れますか?
簡単そうで、難しいのが親子丼?

我が家では、家族も大好きなメニューなので
よく作るのですが、毎回違う味になってしまうことも(_□_;)!!

なので、上手く作れる方法はないかなと
思っていたんです。

スポンサーリンク



まとめ


『 フワフワでトロトロ!親子丼 』
ご紹介してきました。

極ウマポイントをまとめてみますね♪

極ウマポイント

  • 鶏もも肉の下処理
    ひと手間を加えることで、おいしさアップ!
    鶏もも肉の皮と脂肪をとり、繊維に沿って切ります。
    切った鶏肉に、卵白をくわえて、パサつきを抑えます。

  • 割り下のポイント
    割り下の量は、鶏肉の頭が出るくらいでOK。
    水溶き片栗粉をいれて、汁のベチャベチャ感を押さえます。

  • 卵でとじるテクニック
    まず卵に砂糖をいれて、ゆっくり固めることでフワトロに。

    卵は2回に分けて、加えます。
    1回目は8割の量を加えます。
    2回目は残りの卵をいれて、すぐに火をとめ
    鍋を回しながら火をとおします。


作ってみた感想ですが、みりんを煮立たせる時間で
煮詰まり方が違うので、甘さに違いがでると思いました。


一番最初に作ったときは、みりんを煮立たせる時間が
すくなくて、薄味に仕上がったんですね。


なので、2回目は少し長めに煮立たせてから、
だしやしょう油を加えたら、丁度良いお味になりました!

そして、家族にもとっても好評でした^^

また、極ウマポイントもたくさんありましたが、
作っていくうちに、我が家流の極ウマポイント
できるのかなと感じました(゚ー゚)(。_。)


今、新たまねぎが美味しい季節ですね。
新たまねぎはとっても柔らかいので、また格別ですね。

ぜひ、お試しくださいね。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top