Read Article

新生姜の甘酢漬けレシピ!みりん米酢味でヘルシーに!

新生姜の季節ですね!

生姜は一年中出回っていますが、
今が旬の新生姜は、繊維や辛味が少ないので、
とっても美味しいですね!!
新生姜です。
出典:http://item.rakuten.co.jp/auc-kurashi-kaientai/1049030-sh-shin4kg/

我が家でも、毎年旬の時期に甘酢漬け
作っているんです。


”甘酢漬け”というとおすし屋さんのガリですね。
ガリは薄くスライスして漬けてあり、お味も少し甘め。


甘めの味が苦手な我が家では、お酢とみりんで漬けこんでいます。
やさしい甘みに仕上がるので、家族みんなのお気に入りに!


甘い味付けが、お好みの場合はみりんの量や
お砂糖で調節してくださいね。

Sponsored links



では、新生姜の甘酢漬け!みりん米酢味のご紹介です♪

新生姜の甘酢漬け!みりん米酢味の作り方


新生姜の甘酢漬けの出来上がりです。
ポイントです

  • 生姜はスライスせずに漬け込みます
  • 漬け酢を温かいまま使います
  • 砂糖のかわりに本みりんで味付け


このレシピでは、生姜は小さな塊のまま
漬け込み、必要なだけスライスして使っています。


お砂糖を使わないので、よりヘルシーな仕上がりなんです。

材料です。 材料です。 [ 材料 ]

  • 新生姜・・・・・・1㎏
  • 米酢・・・・・・・1200cc
  • 本みりん・・・・・400ccくらい
  • 塩・・・・・・・・適量
保存容器・・・・煮沸消毒したもの


作り方です。

  1. 新生姜を水洗いします。
    ちいさな節で切り、漬け込みたい大きさに切ります。

  2. しっかりと洗います。
    適当な大きさに切った新生姜の汚れをのぞき
    水をきっておきます。

  3. 下ごしらえができた生姜に、少しを振って
    手でなじませ、しばらくおきます。
    新生姜の水気をきります。

  4. 生姜から水分がでるので、水で洗い流して
    ザルにあげます。

    そして、キッチンペーパーで水分を
    軽くふき取り、漬け込む保存ビンに詰めます。


  5. 分量の米酢とみりんを、鍋にいれて
    一度沸騰させて、アルコール分を飛ばします。

    それと同時に、加熱することでお酢がまろやかに
    なってくれるという効果も!


  6. 生姜をつめた保存ビンに、熱いままの甘酢
    加えると、出来上がり♪

    グラグラと沸騰した状態ではなく、少しおいたものです。
    保存ビンの耐熱温度も、確かめられてくださいね。
    新生姜の甘酢漬けの出来上がりです。
    友人は、大きなビンでつくるので
    冷暗所においているということですが、
    私は、冷蔵庫の野菜入れに保存しています。


  7. 1週間ほど漬け込むとOKです。
    スライスして、いただきます!

    新生姜の甘酢漬けはこんな感じです。
    これは、1ヶ月ほど前に漬けこんだものです。
    ほんのりとピンク色になって、とてもキレイです。


    そのままでも、きゅうりのあさ漬けに混ぜたり
    サラダにトッピングするなど、いろんな野菜と
    一緒に食べると、とっても美味しいです。


    漬け込んでいるお酢も、酢の物に使うと
    生姜風味で、おいしくいただけるんです。


Sponsored links





新生姜の甘酢漬けの栄養や効能は?


生姜といえば、漢方薬にも使われるほどに
薬効がたくさんありますね。


p1
生姜に含まれる主な栄養成分は次のようなもの

  • ジンゲロール・・・生の生姜に多く含まれます
    免疫力をアップ・抗炎症作用・殺菌効果。

  • ショウガオール・・・加熱するとジンゲロールが変化
    血行を良くし体を温める成分。

  • ジンゲロン
    血液の循環を促して、内臓の働きを活発にする
    血圧を上昇する作用・殺菌作用も。

  • 精油成分・・・皮のすぐ下の細い管に含まれます
    ジンギベロール・ジンギベレン・ネラール・ピネン
    シトラールなど、400種類以上の芳香成分が含まれます。


p1
米酢に含まれる主な栄養成分

 米酢(コメズ・ヨネズ)は米から作られたお酢ですね。
 お酢には、アミノ酸やビタミンB群・ミネラルでは
 モリブデンが多く含まれています。

 モリブデンは聞き慣れないミネラルですが、
 脂質や糖質の代謝を促進する働きがあります。
 さらに、体内の銅の排出にも効果があると
 されてます。

 その他、高血圧予防・血液サラサラ効果・大腸がん抑制効果
 抗酸化作用などたくさんの効能があります。



p1
本みりんに含まれる主な栄養成分
 本みりんには、こんな成分が含まれているんです。
本みりんの成分です。
出典:http://www.takarashuzo.co.jp/cooking/honmirin/riyuu2.html#sono2

  • うまみのアミノ酸

    グルタミン酸・アスパラギン酸

  • 甘みのアミノ酸

    アラニン・セリン・スレオニン
    グリシン・プロリン・リジン

  • 様々な味のアミノ酸

    ロイシン・アルギニン・バリン・イソロイシン
    フェニルアラニン・メチオニン・ヒスチジン
    トリプトファン・チロシン・システイン

 旨味成分がこんなに、含まれているから
 おいしいのですね。

 本みりんのアルコール度数は約14%。
 なので、甘いお酒として飲まれていた時代もあったそう。


 実は、父親の友人は本みりんを少し飲んでいると
 言われていました(゚ー゚);


 アルコールに弱い方は、酒かすや本みりんでも
 酔うといわれますが、このレシピでは
 加熱していますので、大丈夫なんですよ。


 また本みりんは、栄養ドリンクとして飲まれていた時代も
 あったそうですが、こんなにアミノ酸が豊富だと
 納得ですね!



まとめ


『新生姜の甘酢漬け!みりん米酢味』
ご紹介してきました。


ポイントを、まとめてみますね。
ポイントです

  • 生姜はスライスせずに漬け込みます

    新生姜はスライスしないで、ちいさな塊のまま漬け込みます。
    これは、使うときに好みの大きさに切って使えるからなんです。


  • 漬け酢を温かいまま使います

    甘酢を加熱する理由は次の3個です。

    みりんのアルコール分をとばすこと
    お酢をまろやかにするため
    加熱したほうが長い期間保存できるため

    さらに、このレシピでは生姜をゆがかないので
    熱いままの漬け汁で漬け込むことで、
    少し火を通すことができるという意味もあります。


  • 砂糖のかわりに本みりんで味付け

    本みりんにはアミノ酸がたくさん含まれていて
    お砂糖よりもやさしい甘みになるので、本みりんを
    使っています。


  • 1週間くらい漬け込むとOK!

    新生姜を漬け込むと、3,4時間するとうすいピンク色に
    変わっていますが、味がしみこみおいしくなるのは
    1週間くらいからです。


  • 冷蔵庫の野菜いれで保存

    私は冷蔵庫の野菜入れで保存していますが、
    友人は、冷暗所でほとんど1年間保存しているそうです。

    この場合は、塩味をきかせるのではと思います。



この生姜漬けにつかったお酢に、
棒状に切って塩もみしたきゅうりを漬け込んで
美味しいんです。


きゅうりだけでなく、キャベツでもOK!
生姜は、薬効も抜群なので甘酢漬けなどにすると
手軽においしく食べられますね(゚ー゚)


Sponsored links

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top