Read Article

甘酒&醤油麹の簡単レシピ!美味しく食べて健康に!

最近、腸内環境に良いヨーグルトをはじめ
発酵食品が人気ですね。


麹を使った調味料で有名なのは『 塩麹 』ですが
4月2日のサタデープラスでは、若返る!肌と血管!として
『 甘酒&醤油麹 』お肌と血管の若返り効果を検証


検証されていたレシピを、作ってみました。
どちらもとっても簡単ですが、とっても美味しかったです。


簡単に作れる甘酒と醤油麹のレシピをご紹介します!

Sponsored links



簡単麹甘酒レシピ


通常は、お米に麹を混ぜて作られる甘酒ですが
このレシピでは麹にお湯を加えて作ります。


甘さ控えめですが、美味しくて健康効果抜群!

お湯や水で溶いて飲んでも、スイーツに入れても良し
ヨーグルトや豆乳に混ぜても美味しい甘酒です。


簡単甘酒レシピ
材料です。 簡単甘酒の材料です。

  • 乾燥麹・・・・・200グラム
  • お湯(60℃)・・200cc

今回は、かもしこを使って60℃8時間保温し、作ってみました。


作り方です。

  1. 乾燥麹をほぐして、かもしこの容器に入れ
    60℃のお湯200cc入れます。
    60℃のお湯をいれます。
    お湯と麹をしっかりと混ぜ合わせます。
    よく混ぜ合わせます。

  2. かもしこにセットし、60℃で8時間保温します。

    60℃で8時間保温します。

  3. 8時間保温すると、簡単甘酒の完成です!

    簡単甘酒の完成です。




醤油麹レシピ



醤油麹も、とっても簡単。

材料は、乾燥麹と濃口醤油を発酵させるだけなんです!

醤油麹レシピ
材料です。 しょうゆ麹の材料です。

  • 乾燥麹・・・・・200グラム
  • 濃口醤油・・・・300cc


作り方です。

  1. 乾燥麹200グラムを、かもしこの容器に入れて
    濃口醤油300ccを加え、しっかりと混ぜ合わせます。
    良く混ぜ合わせます。
  2. かもしこ本体にセットして、60℃で8時間保温すると
    醤油麹のできあがりです!

    しょうゆ麹の完成です!


みりんを加えたり、お酢やオリーブオイル
くわえると、いろんなレシピに使えそうですね!

Sponsored links



甘酒&醤油麹生活の実践方法は?


30代から50代の女性の方4人が10日間実践し
血管やお肌の若返りを達成した方法は次のようなもの。


実践方法はこちら♪



  • 醤油麹

    醤油麹は、お醤油の代わりに使います。

    塩分は醤油よりも少ないですが、
    摂りすぎは、塩分過多になってしまうので
    注意が必要。

    煮物にお醤油代わりに入れたり、
    肉料理の下味・冷奴の調味料として使ったり
    と、いろんな使い方で使っていました。

    醤油麹と濃口醤油を、どちらも10倍にうすめて
    計測してみると・・・

    ☆普通の濃口醤油:15.2%
    ☆醤油麹:8.5%

    同じ量でも塩分量を半分近くに減塩する
    ことができるのです。


  • 甘酒

    溶いて飲みます。
    一日3回(各90cc)くらいを
    水やお湯(できれば60℃未満)で溶いて
    食間に、飲むのがオススメです。




そして、実践結果はこのような結果に!!


30代から50代の女性4人の実践結果の平均値

  • 血管年齢:マイナス2歳

    [お肌年齢]
  • 水分値:プラス2.2歳
  • 油分値:マイナス0.8歳
  • しわ数(眼下):マイナス8.2歳


    [4人平均の総コレステロール]
  • マイナス25という結果に!

    [4人平均の悪玉コレステロール]
  • マイナス17という結果に!
悪玉コレステロールが減っているのが、嬉しいですね(^^)




血管年齢が若返るのは、もちろん
お肌年齢では、保湿力が増す・しわの数が減るなど
の若返りが認められるということ!


とっても嬉しいことですね!
麹を使った食品は、体の内側も外側も両方が
若返るという、本当に魔法のような食材なんです。


麹の効果がすばらしいのは、なぜなのでしょうか?
その成分や効能について、調べてみました。

麹の成分と効能


麹菌です。
麹は、米・麦・豆類などの穀物にコウジカビなどの
食品発酵するための微生物を繁殖させたものです。


そんな麹を使って作る甘酒や醤油麹
血管やお肌の若返りが、認められるのは
何といっても、麹に含まれる酵素の働きからなんです!


麹には、100種類もの酵素が含まれていると
いわれますが、主な酵素は次のようなものです。


  • アミラーゼ
    でんぷんを、ぶどう糖や麦芽糖、オリゴ糖などの糖類に
    分解します。

    特にオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌や乳酸菌をゲンキに
    してくれるので、腸内環境を良くしてくれます。


  • プロテアーゼ

    たんぱく質を分解し、アミノ酸に変えて
    消化吸収を良くしてくれます。

  • リパーゼ

    脂肪を、脂肪酸とグリセリンに分解します。

  • ペプチダーゼ

    たんぱく質を分解し、遊離アミノ酸を生成します。

  • グルコアミラーゼ

    アミラーゼの一種で、デンプンを分解し、
    グルコースを生成します。


その他にも、カリウム・ナトリウム・マグネシウム
リン・鉄・亜鉛・銅・マンガン・セレン・モリブデン
などのミネラルも豊富です。


麹菌のたんぱく質分解酵素が生成するペプチドには、
血圧を下げる作用が期待できるといいます。


また、血圧効果作用や、精神を安定する作用のあるという
GABA(ギャバ)も含まれています。


発芽玄米に多く含まれるものですが、米麹になる過程で、
発芽玄米と同じくらいのGABA(ギャバ)を産出するのだとか!


その他にも、αーエチルグルコシドという、
体重増加を抑制する効果のある物質も作られます。


まとめ


麹の成分や働きはすばらしいですね!

麹の成分や働きをみると甘酒や醤油麹を食べるだけで
体の内側も、外側も若返る訳がわかりますね(゚ー゚)(。_。)


簡単にできて、効果は抜群の
甘酒&醤油麹生活をはじめてみませんか?

お読みいただきありがとうございました。

Sponsored links

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top