TVのレシピ

ハーバード式野菜スープ!血管若返り&痩せる?効果抜群の作り方とは?

9月10日のサタデープラスでは
『 国民1,000人が選ぶ!名医の健康法ベスト3! 』
として名医が実践する健康法が紹介されました。

その第二位『 ハーバード式野菜スープ 』は
考案された高橋 弘ドクターご自身が
なんと-15㎏もやせたという方法。

身近にある4つの野菜でとっても簡単につくれる
ハーバード式野菜スープの作り方とその効能
さらにドクターが実践されている健康法もご紹介します!

ハーバード式野菜スープの作り方

名医の健康法で第二位に選ばれたハーバード式野菜スープ。

4つの野菜を煮込むだけという、簡単にできるにもかかわらず
痩せる!若返る!病気が治る!と評判のもの!

4つの野菜とはこちらなんです(^-^*)
材料は4つの野菜です。

出典:サタデープラス

キャベツ・玉ねぎ・かぼちゃ・人参という
身近にある4つの野菜なんです。

しかも作り方もとっても簡単!

ではハーバード式野菜スープの作り方をご紹介します!

材料です。
[2人分]

  • キャベツ・・・200g
  • 玉ねぎ・・・・200g
  • かぼちゃ・・・200g
  • 人参・・・・・200g
  • 水・・・・・・約2リットル

野菜は一人分約400グラム、
厚生労働省推奨の野菜摂取目標は1日350g以上です。

スープにして飲むことで、楽に
食べることができますね。

作り方です。

  1. 玉ねぎの皮とかぼちゃの種を取り除き、
    人参のヘタの部分と一緒に、出汁袋に入れます。
    出し袋に皮や種も入れます。

    出典:サタデープラス

    玉ねぎの皮には多くのファイトケミカルが、
    かぼちゃの種にも、多くの栄養が含まれているので
    捨てずに一緒に煮込みます。

  2. キャベツ、玉ねぎ、かぼちゃ、人参を
    皮つきのまま、食べやすい大きさに切ります。

  3. 食べやすい大きさに切った
    キャベツ、玉ねぎ、かぼちゃ、人参を鍋に入れ
    約2ℓの水を加えます。

    有効成分が飛ばないようにフタをしめて
    強火にかけます。
    沸騰したら火を弱めて約20分煮込みます。

    20分間煮込むと出来上がりです。

    出典:サタデープラス

  4. 20分ほど煮込んだら、ハーバード式野菜スープの出来上がり!

    ハーバード式野菜スープの出来上がりです。

    出典:サタデープラス


※調味料は、一切加えませんが
野菜本来の甘味や旨みで、おいしくいただけます。

とっても簡単に作れて効果抜群!

ハーバード式野菜スープは、
ファイトケミカルスープともいわれますね。

ハーバード式野菜スープの効能の秘密
ファイトケミカルとは、どのようなものなのでしょうか?

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルは野菜や果物が身を守る成分です。

出典:サタデープラス

ハーバード式野菜スープには、
ファイトケミカルが多く含まれています。

ファイトケミカルとは、
植物が作り出す天然の成分。

植物が紫外線を浴びることで発生する
活性酸素や、害虫による危害から身を守るために
作り出しているものです。

ファイトケミカルは、私たちの体では生成できないので
植物を食べることでしか、取り入れることができません。

ファイトケミカルは7個めの栄養素です。

出典:サタデープラス

従来人間が生きていくために必須と
言われるのは5大栄養素で
ビタミン・ミネラル・脂質・炭水化物・タンパク質ですね。

第6の栄養素としては食物繊維が加えられ
さらに、第7の栄養素としてファイトケミカルが
加わりました!

健康を守るためには、ファイトケミカルは
欠かせない成分なんです。

ちなみに、ファイトケミカルのファイトphytoは
「戦う」という意味でなくギリシャ語の「食物」という意味だそう。
chemicalケミカルは英語で「化学成分」のこと。

また、ファイトケミカルの種類は豊富で
今見つかっているものだけでも、数千種類あるということ。
ビタミンやミネラルの数よりもずっと多いのです。

そんなファイトケミカルの働きはこちら♪


  • 抗酸化作用
    活性酸素を除去し、血管や皮膚の老化を防止。

  • 抗ガン作用
    発がん物質を抑制したり、解毒作用を強めて
    がん予防に働きます。

  • 免疫の増強・調整作用
    免疫細胞の数を増やしたり、働きを活性化させ
    病原菌やがん細胞と対抗する力を強化します。

最大のポイントはファイトケミカルの摂り方に
あると、高橋ドクターは言われます。

わさびはそばに直接つけます。

出典:サタデープラス

高橋ドクター、ある日の昼食はお蕎麦ですが
わさびは、そばつゆでなく蕎麦に直接つけていただきます。

それは、わさびのファイトケミカルは水溶性なので、
そばつゆにいれるよりも、直接蕎麦につけたほうが
成分を有効に摂ることができるからなんです。

さらに、イチゴの場合は粒粒にファイトケミカル
たくさん含まれているので、潰しながら食べるといいそう。

温州ミカンは皮ごと食べます。
皮は、よく洗ってくださいね。

野菜や果物の皮の部分にファイトケミカルが
豊富に含まれているからといいます。

そんなファイトケミカルは
スープにすると8~9割が溶け出すので
有効に摂ることができるんです。

血管年齢-17歳です。

出典:サタデープラス

高橋ドクターは、朝夕2回野菜スープを
飲んでいるといいます。

そして、実年齢は65歳ですが
血管年齢は48歳!なんと-17歳なんです。

現在は、身長180㎝で体重は75㎏ですが
89.5㎏まで増えたことがあったのだそう。

ある程度好きな物をたべながら、
-15㎏のダイエットに成功したといいます。

ダイエットにもなり、免疫力もアップできる
ハーバード式野菜スープには、他にも
たくさんのメリットがありました!

ハーバード式野菜スープのメリット

無理なく続けられる、ハーバード式野菜スープ
の10個のメリットです。


  1. 作り方がとてもシンプル。4つの野菜で作れる。

  2. 1日400gの野菜が取れる。(厚生労働省の摂取目標は350g以上)

  3. 超低カロリー(日本カボチャ使用で146kcal、西洋カボチャ使用で188kcal)

    作り置きOK。ストックしておけばアレンジは自在。

  4. 絶大な若返り作用を持つファイトケミカルの宝庫。
    ⇒白血球が増える⇒がんに効果的
    ⇒高血圧、糖尿病、脂肪肝、肝炎などに効果的

  5. 食物繊維の宝庫
    ⇒便通がよくなる、血糖値の急激な上昇を抑える

  6. 自然に減塩できる

  7. ダイエットに効果的

  8. 野菜は丸ごと使用するので環境に優しい
    ファイトケミカルは野菜や果物の皮や種の部分に多い

  9. 地元や国産の野菜を使用するのが効果的
    ファイトケミカルは新鮮な旬なものほど豊富

出典:ハーバード式野菜スープでやせる!若返る!病気が治る!

まとめ

ハーバード式野菜スープの作り方や
効能について、ご紹介しました。

この野菜スープは何も味付けしなくても
野菜本来の甘さでとても美味しいんです。

でも、毎日食べる場合は
いろいろとアレンジして食べることもできます。

ちょいたしレシピでは、こんなものを加えても。


  • 黒コショー
  • カレー粉
  • 味噌
  • キノコをいれて
  • うどんつゆに
  • トマトを入れて
  • サラダに
  • パスタに

我が家では、普段どおりに出汁をとり
キャベツ、玉ねぎ、かぼちゃ、人参をいれて煮込み
味噌を加え、具だくさんの味噌汁にすることが多いんです。

野菜の甘味や旨みが溶け出していて
とってもおいしくて、家族にも人気なんですよ!

また、週末などに多めに作りおきし
冷凍保存すると、さらに効果がアップするので
オススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。